学資保険とは?学資保険は入ったいた方がいいの?

休校の看板

 

大人と同じように子どもにも様々な保険商品があります。

内容は大人と大きく異なり、病気や怪我などによる入院時、死亡時などいざという時のものではなく、将来必要となる学費や生活費のための積み立てといったイメージが強いです。

子どもの保険と言えば学資保険

子どもの保険と言えば、多くの方がイメージするのが学資保険です。

学資保険とは、

学資保険(こども保険)は、終身保険・定期保険・養老保険などの死亡保険と同じく生命保険に分類されます。学資保険とは、簡単に説明すると、決められた保険料を支払えば、満期時(17歳満期、18歳満期など)に満期保険金が受け取れる子供の将来の教育資金のための保険です。

引用元-価格.com

子どもの生命保険と共に学費の高くなる大学までに資金を積み立てする仕組みで、期間中の資金運用により掛けた金額よりも大きな金額が満了時に戻ってきます。

子どもの生命保険に加入することも大きいですが、契約者(親)に万一のことがあった場合、満額支払うことなく保険料を受け取れるのも家庭にとっては大きな安心と言えます。

 

保険商品の種類は様々

一概に学資保険といっても種類は様々です。

貯蓄が目的ではありますが、当然保険内容も気になります。

子どもであっても大人と同様に長期の入院を必要とする怪我や病気にみまわれる可能性も十分にありますし、その際に保険金が出るのと出ないのとでは、家計への負担も大きく変わってきます。

ただ、昨今では子ども医療費に対する手当は年々充実していて、多くの市町村で入院費は中学生まで無料となっています。

通院費は全額補償とそうでないところがまちまちなので保険加入前に必ずお住まいの市町村に確認しましょう。

そうなってくると重視したいのは月々の保険料と満期時の返戻率です。

月々支払うお金が大きく家計を圧迫しては本末転倒となりますし、返戻率が低い保険に十年以上も保険金を支払う意味も分かりません。

以下に2つの代表的な子ども保険ランキングサイトがありますので参考にしてみてください。

1つのサイトだけで検討するのは危険ですので、この2つ以外にも見てみると違う評価のされ方が載っていたりと選択する幅も広がります。

人気商品が必ずしも全てのご家庭に適しているわけではありませんが、人気になる理由は必ずあり、その内容があなたのご家庭に合う商品を見つけ出してください。

学資保険・こども保険比較

子ども保険ランキング

通販商品の加入率は増加傾向にありますが、それでもやはり直接話を聞いてみないと分からないという方も多いのは事実です。

保険屋さんに話を聞いて、通販商品と比べてみるのも手間はかかりますがより家庭に合った保険が選べる方法と言えます。

最後に

保険は万が一のための備えですが、子どもにもそれは当てはまります。

子ども医療費などで助成される部分も大きいですが、高度医療など該当しないものもあるので、家計に合った保険に貯蓄も含めて加入できるようにリサーチしましょう。

関連記事
フリーメルマガ