ホームセキュリティーにかかるお金

鎖と鍵

建物のセキュリティーというと企業やショップのイメージが強いですが、昨今では個人の契約件数も大幅に増加しています。

背景には、様々な犯罪の影があるのは間違いないですが、もちろん費用もかかるものなのでライフプランの中で計上出来るお金なのか、地域や住まいの観点から本当に必要なものなのかは判断する必要があります。

ただ、ホームセキュリティーを導入するかしないかという話になれば、導入したほうがいいと言い切れるサービスでもあります。

そもそもホームセキュリティーとはどのようなサービスでどれくらいのお金がかかるのか見ていきましょう。

ホームセキュリティーのサービス内容

ホームセキュリティーを導入した際にはプランや金額によっても異なりますが、主に以下のような対策が可能です。

  • 外出時の空き巣対策
  • 旅行など長期で家を空ける際の空き家対策
  • 不審者対策
  • 小さなお子さんの見守り
  • 高齢な親御さんの見守り
  • 火災の対策
  • その他防犯の強化

イメージと相違はありませんでしょうか?!不審者対策というのがほぼすべての内容に関わってきますが、最新の防犯機器やモニターを駆使して不審者に対応すると同時に、セキュリティー会社が急行、及び必要に応じて警察や消防にも即座に通報してくれます。

ケースバイケースで全ての事件を防げるわけではありませんが、未導入の家庭との差は大きく開くでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=IsmOsNcHHno

 

家の危険は不在時だけではなく、帰宅時に不審者に出くわすこと、ご主人の帰りが遅くなってしまう場合、家族全員が就寝した後など在宅時にもおこりえます。

そんな時でもホームセキュリティーに加入していれば、ボタン一つでガードマンに危険を知らせることも可能です。

正直なところ在宅時に不審者と遭遇すること程怖いことはありません。

ホームセキュリティーにかかる費用

ホームセキュリティーというとどのような会社が頭に浮かぶでしょうか?!

恐らく多くの方がセコムやアルソックを思い浮かべたでしょう。

セコムは言わずと知れた業界最大手で、実績や歴史から多くのユーザーが利用するセキュリティ会社です。

➡  セコムホームセキュリティーHP

最王手だけあってプランも豊富で金額をこれくらいというのは正直難しいです。

取り付けるセンサーの種類や量、場所によっても価格が変わりますし、もちろん家の大きさや形状によっても異なります。

どのプランも買い取りとレンタルの2パターンがあり、買取は初期費用が高くなりますが月額費用は抑えることが出来、レンタルはその逆です。

2階建ての戸建で1階に重点的にセンサーを設置した場合の月額コストは5000円前後となっています。

それぞれの住まいにより価格が異なりますが、HPより無料の見積もり依頼・資料請求が可能です。

 

また、業界2位のシェアを誇るアルソックもセコムに対抗して初期費用0円で始められるプランなど様々なサービスを展開しています。

➡  アルソックホームセキュリティーHP

先ほどのセコムと同様に初期費用は買い取りの方が高く、レンタルの方が月額費用が高いです。

また、注目の初期費用0プランは月額費用がさらに高くなります。

一般的な戸建住宅で3000円~7000円/月程と幅広い価格帯になっていますので、お住まいのお家にあったプランと価格を問い合わせてみるといいでしょう。

最後に

ライフプランの中で必ずしも必要とは言えないホームセキュリティーですが、お住まいの地域などにより不安を多く抱えている家庭が少なくないのも事実です。

家計費を見直せばその不安が解消できるのであれば検討してみる価値はあるサービスと言えるでしょう。