マイホームを買わない方が高い?!賃貸に生涯払うお金

新築リビングのイメージ

 

結婚後には様々な楽しみや悩みが待ち受けていますが、住居選びもその大きな楽しみ・悩みの一つといえるでしょう。

選択肢には、賃貸のアパートやマンション、分譲マンション購入、新築を建てる、建売を買う、中古住宅・マンションを買うなど様々なバリエーションがあります。

どの選択肢にもメリット・デメリットはありどれが一番いいのかというのは家庭環境や家計の状況によっても異なるため一概に言えません。

今回は住居を購入せずに賃貸に住み続けた場合生涯にどれくらいお金が掛かるのか見ていきたいと思います。

Sponsored Link


賃貸物件の家賃の相場

賃貸物件と一言にいっても様々な条件で家賃は異なってきます。

代表的なものを挙げると、場所・広さ・築年数が主な基準となりますが、場所は仕事などとの兼ね合い、広さは家族構成との兼ね合い、築年数は好みの問題となってきます。

抑えられる点は築年数だけなので、リフォームやリノベーション済みの築年数の古い物件が希望の場所・広さで見つかると家計には嬉しいところです。

子供も含めた家族構成の場合、必要となる2LDK・3K・3DK以上での家賃相場を見ていきましょう。

 

場所 平均家賃
東京都品川区 19.68万円
大阪市中央区 15.22万円
名古屋市中村区 11.88万円
札幌市中央区 8.03万円
沖縄県那覇市 7.98万円

 

同じ広さ築年数でも、場所によってこれだけ家賃相場は異なってきます。

家賃相場が高いところは当然土地や建売、マンションの値段も比例して高くなりますので、都心に必ずしも住む必要がない場合は都心に近くて相場の安い場所を探すのも一つの選択肢と言えるでしょう。

次に広さ別ではどれくらい金額が変わるのか見ていきましょう。

上記に挙げた大阪市中央区の例です。

 

広さ 平均家賃
ワンルーム・1K・1DK 7万円
1LDK・2K・2DK 10.99万円
2LDK・3K・3DK 15.22万円
3LDK・4K・4DK 15.38万円

 

広さ別でもやはり値段は大きく異なってきます。

3LDK・4K・4DKの平均が意外と変わらない印象ですが、他の間取りタイプと比べて数が少ないため選択肢が多くないことは覚えておきましょう。

Sponsored Link


生涯で賃貸物件に払うお金

都心に住まれてない方からすると、都心部の家賃相場に驚きを隠せないといったところかもしれませんが、上記の大阪市中央区の2LDKタイプタイプの部屋を借り続けると家賃だけでどれくらいかかるのか見ていきましょう。

 

年数 家賃合計
1ヶ月 15.22万円
1年 182.64万円
3年 547.92万円
5年 913.2万円
10年 1826.4万円
20年 3652.8万円
30年 5479.2万円

 

いかがでしょうか?!あまり現実味がないかもしれませんが、25歳で結婚して2LDKタイプの賃貸に住み続けた場合、家賃だけで定年前に約5500万円使うことになります。

高すぎるという感想がほとんどだと思うので、札幌市中央区の2LDKタイプでも算出してみましょう。

 

年数 家賃合計
1ヶ月 8.03万円
1年 96.36万円
3年 289.08万円
5年 481.8万円
10年 963.6万円
20年 1927.2万円
30年 2890.8万円

 

月々の支払いが異なると合計金額が大きく変わることが分かりますが、こちらも定年前までに建売を購入できるほどの金額を家賃だけで支払うこととなります。

Sponsored Link


賃貸と持家はどちらがよいのか?!

上記の金額だけを見ると賃貸物件に長く住み続けるのはもったいないと感じてしまいますが、賃貸と持家についてはお金とそれ以外の部分でメリット・デメリットがはっきりしているので、あなたの家計に合った選択をすることが重要です。

持家と賃貸のメリット・デメリットについては以下のサイトで詳しく説明されていますので参考にしてみてください。

➡  持家のメリット・デメリット(持家と賃貸の比較)