オンライン学習のメリット・デメリットと教材紹介

 

タブレットとスマートフォン

一昔前までは勉強というと教科書や参考書を読んでノートに書きながら覚えるというのが一般的でした。

今の時代でも書くことが重要という意見は絶えませんが便利さや気持ちを持続させる効果も高いタブレットを利用したオンライン学習に注目が集まっています。

大手企業や老舗の学習系企業も参入し始めていて、徐々に家庭に取り入れる方も増えてきました。

オンライン学習にはどのようなメリット・デメリットがありどのような教材があるのか順に見ていきましょう。

オンライン学習のメリット

コーヒーを飲みながらタブレットを操作する男性

オンライン学習の最大のメリットはその手軽さにあります。

タブレット一つでリビングやダイニング、子ども部屋など勉強する場所を選びません。

勉強は自分の部屋で集中してという考え方は今も根強いですが、昨今ではリビングで勉強をする子どもも増えていて、親や祖父母と一緒に勉強できる状況という意味でもオンライン学習では手軽に可能と言えます。

また、家にいると中々勉強を始められなかったり、塾に行くのは手間も時間もかかります。

しかし、オンライン学習であれば自分の家で講習を受けることが出来るため出かける時間も勉強やその他の時間に回せますし、自宅で勉強をする上で重要なモチベーションの向上に繋がります。

各教材も勉強に取り組み、持続してもらえるように様々な工夫を凝らしていて勉強を持続できる手助けをしてくれるでしょう。

金額的に見ても月に1000円前後の安価なものが多いのも大きなメリットの一つです。

オンライン学習のデメリット

タブレットを近くで見る小さい子ども

オンライン学習のデメリットで最も気になるのは書かなくて記憶できるのか?という点ではないでしょうか。

様々な意見が飛び交っているのは事実ですが、「書く」ことよりも記憶するのは難しいでしょう。

また、紙媒体よりも目が悪くなりやすいという点も挙げられます。

紙媒体であっても液晶画面であっても近い距離で長時間見続ければ目にはよくないのですが、液晶画面自体が発光しているため見続けることで見に疲れをもたらします。

また、モニターにはブルーライトが使用されておりスマートフォンの見過ぎで様々な問題を引き起こしていることも問題になりました。

参考-ブルーライトの影響!目に良くないって言われるけどホントなの?

紙媒体であっても暗い環境など目が悪くなる要素はありますが、モニターを使用するオンライン学習の方が目への負担が大きいことは間違いありません。

オンライン学習教材

スタディサプリ

リクルートグループが運営するスタディサプリ。

人類は常にテクノロジーの進歩で未来をひらいてきました。医療、スポーツ、音楽…スタディサプリは、「学び」をテクノロジーの力で進化させたオンライン学習サービスです。

引用元-スタディサプリ

スタディサプリは月額980円という価格が信じられないというユーザーがほとんどで、授業内容もそこらの予備校よりも上手いのでは?!という意見も上がるほどクオリティーにも当然こだわっています。

 

スマイルゼミ

株式会社ジャストシステムが運営するスマイルゼミ。

子どもたちが「夢中になって学習する」。その仕組みがスマイルゼミにはあります。
今までのお子さまの学習データと、全国から集まる膨大な学習データから“今”必要な学びを解析。
一人ひとりに最適な一問を「毎日自動生成」します。ミッション形式で無限大に取り組める問題は、楽しみながらこなすうちに自然と力になります。

引用元-スマイルゼミ

スマイルゼミのユーザーはとにかく学力アップやテストの点数が上がったという声が多いです。

得意分野と苦手分野を把握し子供にあった勉強速度で学習できるのも学力アップのポイントでしょう。

ネガティブの声としてはタブレットが壊れやすいというものも多かったので雑に扱わないように気を付けましょう。

 

e点ネット塾

株式会社 日本学術講師会が運営するe点ネット塾。

学校や一般の塾では限られた時間の中で、カリキュラムに沿って授業を進めなければなりません。
理解出来ていなくても先に進んでしまう授業の中で、その理解できなかった単元をそのままにしてしまいがちです。
しかし、e点ネット塾なら講義映像が小さな単元別に収録されている為、苦手なところをピンポイントで、納得するまで何度でも繰り返し受講できます。

引用元-e点ネット塾

e点ネット塾はとにかくマイペースに勉強を進められるという声が圧倒的に多いです。

1日10分から授業を受けることが出来、復讐コースも充実しているため取りこぼしなく確実に勉強を進めることが出来ます。

まとめ

オンライン学習は賛否両論様々な意見が飛び交っているのが事実です。

理由としてはオンライン学習が浸透していないという面は否めなく、書くことに対して覚える効果が薄いのでは?!という意見が大半です。

実際に覚える効果は書く方が高いという方がほとんどですが、双方メリットがあるため比べること自体無理なのではと感じます。

オンライン学習は安価なメリットもあるので、オンライン学習だけで完結しようとするのではなく、勉強全体の一部として捉え通常の勉強方法と相乗効果をもって総合的な勉強力を上げていくことが必要と言えるでしょう。