スマホでサクッと出来る住宅ローンシミュレーション6選

スマホとパソコンを見比べる女性

住宅を購入する際に必要となる住宅ローンは、シミュレーターを使って月々の支払金額や、借入可能額、繰り上げ返済などを算出することが出来ます。

金融機関やWEBサイトなどで、無料の簡単入力で試算することが出来るので、借り入れを行う前の目安として一度シミュレートしてみましょう。

Sponsored Link


フラット35

http://www.flat35.com/simulation/フラット35

フラット35の公式ページで提供している住宅ローンシミュレーターでは、毎月の返済額計算、借入可能額の計算、フラット35利用診断などが可能です。

スマートフォン対応もしているため、手軽に簡単入力での計算が可能です。

イオン銀行

https://www.aeonbank.co.jp/aeonbank/housing_loan_sim/
イオン銀行

イオン銀行の住宅ローンでは、現在の収入や年齢から借入可能金額の試算が出来、そこから毎月の返済額を計算することが出来ます。

イオン銀行での金利も適用できるため借入の候補に挙がっている場合は、より現実的な金額を試算することが出来ます。

スマートフォンにも対応しています。

楽天銀行

https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/simulation/

楽天銀行

楽天銀行のローンシミュレーションでは、借り換えや新規借り入れなど様々なシミュレートが可能です。

楽天銀行の金利も適用できるため、候補に挙がっている方には最適と言えます。諸費用などの計算も自動で行ってくれます。

スマートフォンにも対応しています。

Sponsored Link


りそな銀行

http://www.resonabank.co.jp/cgi-bin/simulation/housing_loan1.cgi

りそな銀行

りそな銀行の住宅ローンシミュレーションでは、借入金額から毎月の支払金額を試算することが出来ます。

スマートフォンにも対応していて入力が簡単なため、サクッと済ませたい方におすすめです。

家造.net

http://www.iezo.net/money/loan/loansim.html
家造.net

家造ネットの住宅ローンシミュレーションは、とにかく簡単入力で住宅ローンの概算を知りたいという方におすすめです。

入力項目は簡素化されていて、月額の希望支払金額から借入金額の算出、ローン総額から月々の支払い金額を算出することが出来ます。

スマートフォンにも対応していて、スマホでサクッと月額からと総額からを試算したい方におすすめです。

住宅保証機構株式会社

https://www.hownes.com/loan/sim/index.html住宅保証機構

住宅保証機構の住宅ローンシミュレーションでは、全体の借入金額による月々の返済額から、借入可能額、繰り上げ返済、金利プランによる比較、複数ローンの組み合わせ、住宅取得・諸費用の試算と住宅ローンに付随した項目ほぼ全ての算出が可能です。

入力項目が多い部分もありますが、全てが必須項目ではないので、簡易的なシミュレートとしても使えます。

ただ、スマートフォン用に表示が最適化されていません。

まとめ

各金融機関やウェブサイトで住宅ローンシミュレーションは提供されていますが、入力から結果表示まで表示がスマートフォン向けに最適化されているものは意外と多くありません。

スマートフォンで空いた時間にサクッとシミュレートしたいという方にはどれもおすすめなので目的に合ったサイトでシミュレートしてみてください。