土地の購入と所有時にかかるお金ってどれくらい?

大きな土地に建つ家

大きな土地に建つ家

 

夢のマイホームを建てるためにはまず土地が必要です。

親や親戚から譲り受けるという例もありますが、多くの方は土地選びから家造りを始めます。

場所によって金額が大幅に変わり、素人には分からないことが多い土地の売買ですが、購入の際にどのようなお金がかかるのか見ていきましょう。

土地は地域や立地条件により価格が大きく異なる

まず土地の価格ですが、こちらはインターネットなどでも検索することが可能です。

1坪いくらといった形で表示されることが多く、この辺りはまだ馴染みがあるのではないでしょうか。

地域により大方の相場が決まっており、近隣の物件もチェックして大幅に差がないかチェックしてみましょう。

人口の少ない市町村や地域では1坪10万円を切る土地も多数ありますが、逆に都心部では1坪100万を超えるなど場所や立地条件により大きく価格が変わります。

また、土地の購入には消費税がかからず、土地を含めた家の購入には家の工事費に消費税が課税されるのもポイントです。

土地購入時にかかるその他のお金(仲介手数料)

土地の購入には土地の売買価格に付随して様々なお金がかかります。

まず仲介手数料を挙げると、土地の売り主と買主の間に入る不動産業者に支払うお金で、土地を探す際、不動産業者に希望の条件を伝えて探してもらうのが一般的です。

仲介手数料の金額は土地購入代金の3%が目安となっていて、2000万円の土地であれば60万円かかります。

高いと思われた方も少なくないでしょう。実際に様々な物件を紹介してもらった後に売り主に直接交渉にいく方や、インターネットで物件を検索して持ち主を調べて直接交渉にいく方もいるようですが、余程の知識がない限りトラブルの元になると言われています。

それでもこのサービス代金は高額と言えるので妥協のない土地探しをしたいものです。

ちなみに仲介手数料には消費税が課税されます。

土地購入時にかかるその他のお金(印紙代)

土地売買契約書には印紙が必要となります。

この辺りから不動産の知識がないと知らないお金となってきますが、土地取引の価格により印紙代は決められていて、一般取引に最も多い1000万円~5000万円の契約書には1万円の印紙代がかかります。

1000万円以下はかからないのかというとそうではなく、非課税の対象となるのは1万円以下の契約書のみで、それ以上の金額になれば印紙代は変動しますが全てかかります。

土地の購入代金や仲介手数料と比べると安価と感じますが、1万円あれば新居に並べる素敵な食器が購入できることをお忘れなく。

土地購入時にかかるその他のお金(登記費用)

まだあるの?と思ってしまいますが、こちらも金額が大きい登記費用というものがかかります。

実際には、登録免許税と言いますが、土地の評価額×1.5%のお金にプラスして登記の手続きをしてもらう司法書士への報酬も発生します。

土地の購入代金=評価額ではないことに注意が必要ですが、土地の評価額が2000万円の場合、登記代は30万円となり司法書士へ支払う金額の相場は3万円~5万円程と言われています。

高額ですが、登記費用は仲介手数料や司法書士への報酬と違い法律で定められたものなので、土地の購入時には必ず払わなければいけない金額と言えます。

余裕をもった金額設定を

土地購入の際にかかるその他の費用を見てきましたが、2000万円の土地を購入した場合、100万円近いお金がかかることがわかりました。

不動産業者で見せてもらう物件資料やインターネットの物件検索サイトにはこれらの金額がしっかりと書かれているところはほとんどなく、購入してから上屋の予算を減らさなければいけないというケースも少なくありません。

100万円というと外構工事だけ見ても、見た目に大きな差が出るほどの金額なので土地探しの際は予算にこれらの金額をプラスして金額設定することが必要です。

土地購入から上屋の引き渡しまでにかかるお金

土地を購入してからでないとその場所に家は建てられませんが、家造りは土地探しよりもさらに時間がかかります。

プランを練るのに大まかな時間の差が出ますが、着工後も3ヶ月はかかると思っておいた方がいいでしょう。

土地購入時点で土地のローンは発生し、新居に住み始めるまではこれまでの住居にかかるお金と2重のお金がかかることになります。

頭金と呼ばれる自己資金の多くを使う時期だけに注意が必要です。

建売の場合はこの時差がないため、物件的にも安価なのに加えて購入される方が多いポイントとなっています。

この時差のための融資もあるようですが、お金を借りて支払うことに変わりはありません。

土地を持っているとかかるお金

固定資産税という言葉を多くの方が耳にしたことがあると思います。

土地を購入してから手放すまで毎年かかる税金で、土地を購入して家を建てた場合土地と家、両方に毎年課税されます。

課税額は市町村により異なりますが基本的に評価額の1.4%になります。

ただし、土地は家を建てれば200㎡まで1/6、それ以上は1/3の金額となります。

最後に

夢のマイホームを建てる際に土地は必ず必要となりますが、購入に付随した諸費用や所有後の税金などを含めると大きな金額の支出となります。

土地選びは、場所だけでも悩みに悩みぬくことも少なくなく、それに加えて価格も考慮しなくてはいけないとなると、とても大変な作業です。

しかし、人生で最大の買い物と言われるマイホームの購入なので、妥協のない土地選びが出来るよう準備をすすめましょう。