結婚式にかかるお金の相場と料金の詳細

バラとラバーの文字

 

人生の一大イベントとも言える結婚。

新婦は華やかに、新郎は新婦のために盛大におこないたいというのが多くの方の考えでしょう。

当然ながら、華やかにすればするほど、盛大にすればするほど結婚式にかかる費用は上がってきます。

結婚という一大イベントで気持ちが高ぶっていますが、その後家庭を築き30年以上生活をしていくうえでお金は幾らあっても困ることはないので、貯金額や親・親戚にフォローしてもらえる金額としっかり相談して結婚式に使えるお金を考えたいところです。

結婚式の費用の相場

結婚式の費用相場は平均で300万円を超えています。

様々なものの値段が下がり続ける現代の日本ですが、結婚式の費用は上昇傾向にあります。

理由は幾つか考えられますが、その一つに祝儀の存在があります。

結婚式の参加人数の平均は約70人となっていて、友人でも祝儀の相場は3万円以上なので最低でも210万円は手元に戻ってくることになります。

300万円と聞くと、それなら式は諦めるという方もいるかもしれませんが、実際には100万円前後のお金で結婚式を挙げることが出来るのが分かります。

ただ、結婚式場のほとんどが前払いとなっているため祝儀を支払いの計算に入れておくのは危険です。

結婚式場を選ぶ

結婚式場は、新しいものも目にしますが、減少傾向にあります。理由は明白で若い世代の人口が減っているため結婚自体の件数も当然減っていて、それに加えて結婚式を必ず挙げるという風潮も薄れてきていることなどが挙げられます。

それだけなら致し方ないと思えますが、結婚式での式場とのトラブルは増加傾向にあるため、式場選びは費用はもちろんのこと、晴れ舞台を台無しにしないためにも重要なポイントです。

結婚式を挙げられるのは専門の結婚式場だけではありません。ホテルやレストラン、昨今ではカフェでも結婚式を請け負っているお店もあります。

 

バラとキャンドル

 

結婚式について様々な情報サイトがありますが、やはりゼクシイが最も利用者が多いです。

式場選びだけでなく、結婚式に関する一般的な情報はほぼ全て載っていると言っても過言ではないので、結婚式の前には目をじっくりと目を通しておきましょう。

ウエディング、ブライダルなら結婚準備の総合サイト 【ゼクシィ】

それでもインターネットの情報だけでは、式場の様々な顔が見えないので、やはりリアルな口コミに叶うものはありません。

他の人と同じ結婚式場はあまり・・・という方も少なくないですが、それよりは失敗したくない!という方は、結婚経験者の友人に式場の情報を得て選ぶのも正しい選択肢の一つでしょう。

結婚式の費用の詳細

結婚式でお金が掛かる部分といえば、衣装と料理です。

結婚披露宴の食事セット

 

衣装

衣装は、購入とレンタルの2パターンありますが、レンタルする人が8割を超えていて、レンタル費用の相場は20万円前後となっています。

また、結婚式ではお色直しの入るケースがほとんどなので、その分の衣装代が必要となります。

男性の衣装も女性ほどではありませんが、衣装代の平均相場は1着10万円前後となっていて、こちらも衣装を式中に変更すれば金額は異なってきます。

料理

料理は式に来てくれた方分の金額となるため、それぞれ異なります。

ただ、単価の相場は料理と飲み物を合わせて15000円前後となっています。

先ほど祝儀の話をしましたが、3万円いただいた祝儀の中から料理代を支払うイメージとなります。

料理が安ければ安いほど自分たちの支払いは楽になりますが、結婚式に何度か出席している方なら料理内容からある程度の金額が分かってしまうので、節約しすぎにも気を付けましょう。

その他にも引き出物や写真・ビデオ、花など細かい項目でお金が掛かります。

花の種類や量1つとってもテーブル数によっては金額が大きくことなってくるので、小物と考えずに選びたいものです。

まとめ

結婚式で愛を誓う夫婦

上記したものは、すべて一般的な平均と考えていいでしょう。

必ずしもそれに当てはめる必要はありません。但し、結婚前の想像以上に家庭にはお金が必要となるため、残せるお金は少しでも大いに越したことはありません。

お金を使わないで華やかにしようと考えるとどうしても手間がかかるため、簡単な話ではありませんが、新居や車、結婚後の子どもの予定なども含めて自分たちの結婚式に充てられる費用を考えたいものです。

関連記事
フリーメルマガ