幼稚園の料金っていくら?保育園との違いは?!

砂場で遊ぶ子供

 

子どもを幼稚園に入れようか保育園に入れようか悩んでいる家庭は多いです。

教育自体も大きく異なりますが、保育料も保育園と幼稚園では金額や料金体系などが大きく異なってきます。

今回は幼稚園の保育料にスポットを当ててみていきましょう。

公立と私立で大幅に料金が変わる幼稚園

保育園では、公立・私立により料金に変わりはなく、市民税額により保育料が決定していましたが、幼稚園は世帯収入による料金の変更はありません

※公立幼稚園でも世帯収入により保育料が変わる制度が近年導入されている市町村が増えています。第2子、3子の優遇も適用されているため必ず市町村に問い合わせるようにしましょう。

ただし、公立と私立で大幅に料金が異なるため保育園と幼稚園どちらに入園させるか悩んだ後にもう一度大きな悩みの種となります。

各市町村により幼稚園の料金は異なるため一概に公立がいくら、私立がいくらといったことは言えませんが、保育園も含めて公立の幼稚園が最も保育料平均が安く、私立の幼稚園が最も保育料平均が高いです。

一般的に送迎などの費用も含めて公立の幼稚園が1万円~2万円ほど、私立の幼稚園が4万円前後と言われています。

私立幼稚園には助成金も

各市町村によって異なりますが、私立幼稚園の保育料に対して助成金のあるところが多いです。

世帯年収などの制限はありますが、年間単位で50万円前後になることもあるので確認だけは忘れずにするようにしましょう。

制服などの備品でも金額差が

学費だけでも公立と私立では大きな差がありますが、制服などの備品関係にかかる費用でも私立幼稚園は公立に比べて高くなる傾向にあります。

私立では指定された制服は上着だけでないことも少なくないので、希望する幼稚園の備品にかかるお金も調べるようにしましょう。

保育料だけに目がいかないように

月額の料金だけを見てしまうと明らかに公立の幼稚園の方がお得に感じてしまいますが、当然保育内容は異なり、お絵かき一つとってもその成長具合に差が生じるといったことも多く言われています。

また、給食の有無なども親御さんからすると気になるところでしょう。

幼稚園児の帰宅時間は14時頃が平均となっていて、その後に習い事に通わせるケースが多いです。

私立の幼稚園ではその後園にて習い事が出来るところが増えています。

料金は含まれていたり別料金だったりまちまちですが、何よりも同じ場所で習い事までさせられるというのは送り迎えのことを考えると大きなプラスと言えます。

料金も別で習い事にいく場合に比べて良心的なケースが多いですし一概に保育料だけで決めずに、入園してからどのような教育をしていきたいか考え、幼稚園に問い合わせしながら決めていくのがベストでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=8nqTXncLvHI

 

最後に

幼稚園の保育料についても世帯収入により変わる市町村が増えてきました。

それにより私立と公立の価格差はこれ以上に広がっています。

人気の私立幼稚園に入れたいという話もよく耳にしますが、相応の費用がかかることも予想されますので、家計を圧迫する金額でないか備品などを含めたトータルな金額で考えるようにしましょう。

関連記事
フリーメルマガ